So-net無料ブログ作成

詩2題 [詩]




子育てについて     高平 九

わたしの子育ては間違いだらけ
もっと絵本を読んでやればよかった
もっとクラシックを聴かせてやればよかった
もっと積み木や段ボールを与えて創造的な遊びをさせればよかった
テレビなんか見せるんじゃなかった
「となりのトトロ」をくりかえし見せれば大人しくしていたけど、宮﨑さんも言っている
「わたしの作品なんか一度見れば十分。それより本物を見につれていってください」
今思えばなんで自転車の乗り方ぐらい教えなかったのか
食べ物の好き嫌いもずいぶんあるし
グローブを買ってもキャッチボールをしたのは一度きり
サッカーもろくにできない

でも、いやだからこそわたしの子は優しい
わたしの子は美しい歌をつくり、うつくしい声で歌う
そして、勝手にステキな若者になった
わたしの密かな願いのように大道芸人にはならなかったが
やがて何かになるだろう
それでいい。
何か文句がありますか?


おらの戦争   

おら、戦(いくさ)にゃいかねえ
人をぶっ殺すのも人にぶっ殺されるのも嫌だ
おら、お国のために死ぬなんてわかんねえもの
お父(とう)のような百姓になって毎日野良で汗みどろではたらく
そのうち嫁っこもらったら 2人して土まみれになって笑い合う
お父もお母もいつか死ぬべ
でも 弾に当たったり爆弾で吹っとばされて死なせんのはまっぴらだ
あったけえ布団の上 いやそれよりか
日よりのええ日に野良で働きながら さっきまで元気にくだらねえことしゃべってた
と思ったら、死んでた
そんなんがええなあ
どっちみち 兵隊にとられんのはおらたちみてえな貧乏人と相場が決まってんだべ
お役人や金持ちの子は後方支援とかいって弾の飛んでこねえとこさいて
すべて終わってから「命がけでお国に奉公した」なんて言うんだべ
お天頭さまあええなあ だれも平等に照らしてける
お上っつうのが照らすのはいつも一部のお偉方だ
そんなもののために命かけんのは金輪際いやだ
だからよ おめえも戦なんていくな
母ちゃん泣くべ
姉ちゃん泣くべ
だからよお……


タグ: 子育て 戦争
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0