So-net無料ブログ作成

森鴎外先生の墓参りです。 [その他]

20181108_120433.jpg
三鷹の禅林寺に森鴎外先生のお墓参りに行ってきました。昨年は津和野のお墓に詣でましたので、どちらのお墓もお参りすることが出来ました。

禅林寺は三鷹駅南口から徒歩で15分ほどのとこにあります。まずは南口前の広場を真っ直ぐに進んでエスカレーターを降ります。道の左右に様々な商店が並ぶ道を真っ直ぐに行きます。お急ぎでなければ、途中に山本有三の碑があったり、洒落た喫茶店などもあります。

↓ 山本有三の碑

20181108_114535.jpg
↑ 台座には「この世に生きているものは、何らかの意味において、太陽に向かって手を伸ばしていないものはないと思います。有三」と刻まれています。いい言葉ですね。

それから供花をお求めの際は道の右手歩道を歩くことをお薦めします。私は左側を通ったためにお供えの花を売る店を二軒も見逃していました。

しばらく歩くと左手にNTTが見えます。それを過ぎて少し進むと連雀と道が交差しますので、渡らずに右折してください。郵便局の先、道の右側に禅林寺があります。

↓ 山門が広い駐車場の奥にありますので、お見逃しなく。

20181108_115553.jpg

20181108_115630.jpg
20181108_115653.jpg
山門をくぐると、木々に囲まれた下に鴎外先生の遺書を刻んだ石碑があります。↓

20181108_115756.jpg
この遺書は親友の賀古鶴所に宛てたもので、石見の人森林太郎として死にたいので、墓石には軍医総監や作家としての肩書きを刻まないでほしいという内容です。ちなみに賀古鶴所は処女作『舞姫』に登場する主人公の親友相澤謙吉のモデルだそうです。

さらに奥に進むと、次のような案内板があります。

20181108_115910.jpg
トンネルをくぐり右側に出て、桶と柄杓置き場
のすぐ先を左に進んだところにお墓はあります。

20181108_120433.jpg
花が枯れてしまっています。花を買わなかったことが悔やまれます。

20181108_120515.jpg
↑ 前にある太宰治先生のお墓にはこんなに花が。平日でもお参りの人が絶えないそうです。

でも、

20181108_120440.jpg

この日はこんなに素敵な秋晴れ。自然が鴎外先生のお墓を見守っていました。

「いい作品が書けますように」とお願いしました。昨年は津和野のお墓にも詣でているので、「可愛い奴」と思って願いを叶えてくださるかも、などと勝手なことを思いながらお寺をあとにします。

付録

駅に戻る途中、連雀通りから駅前通りに出てすぐのところに「まつや」という店構えの洒落たお蕎麦屋があったので、天せいろを食べました。

20181108_123010.jpg
これで千円です。お得ですよね。

お花を供えられなくて残念です。また来るとしましょう。


↓ せっかくだから鴎外先生の作品を一気に読んでみませんか。意味が分からなくても言葉の響きに魅了されるはずです。


『森鴎外全集・136作品⇒1冊』

『森鴎外全集・136作品⇒1冊』

  • 出版社/メーカー: 森鴎外全集・出版委員会
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

千葉市民創作ミュージカル原作大賞受賞!! [その他]

拙作『千年天女』千葉市民創作ミュージカル原作大賞に選ばれました。

大賞に選ばれただけでも感激ですが、演出の小笠原響先生がミュージカルに仕上げてくださるそうです。どんな役者の皆さんが集まって、どんな作品になるか今から楽しみです。

上演は2020年の予定。待ち遠しいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

不思議な果物 [その他]

フェイジョアという果物を初めて食べた。不思議な味だ。半分に切ってスプーンでほじって食べるらしいけど、面倒なので固い皮を剥いて食べてみた。味はブドウに似てるけど、独特。
20181023_213808.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

弥生小劇団さんの公演詳細です。 [その他]

日本工学院の
「弥生小劇団」さんが「日本工学院かまた祭」にて
拙作
「穴~キツネとネズミの物語」朗読版を上演してくださいます。

27(土) 15:00開場15:15~16:15公演
28(日) 11:45開場12:00~13:00公演
日本工学院6号館
二階:第一ヴォイスルームにて

↓ 稽古写真を送ってくださいました。

DSC_0227.JPG

DSC_0229.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

公演のお知らせです。 [その他]

日本工学院の「弥生小劇団」さん
が、拙作「朗読版 穴」を上演してくれるそうです。

日本工学院かまた祭10月27日及び10月28日の2日間での上演だそうです。

詳しい時間はまだ未定です。
どんなキツネとネズミになるかとても楽しみです。
お近くの方はぜひ御覧ください。
nice!(0)  コメント(0) 

シャンソンを聴いてきました。 [その他]

6月9日、森貴子先生のダーム・ジョワイユーズspecialというシャンソンコンサートに行ってきました。

IMG_20180613_0001_NEW (724x1024).jpg

会場は武蔵野小金井駅近くの小金井宮地楽器大ホールです。二部構成で全46曲。一人で2曲歌う人もいますけど。それでも30人以上の歌手がステージに立ちます。驚いたのは同じ演出、照明が一つもないことです。演出のアン・安藤さんはじめスタッフの皆さんがステージをしっかり支えていました。

それから生演奏もよかったですね。正直言って素人が聴いても歌手の方の力量に差があったと思います。でも、スタッフや演奏者が助けて素晴らしい仕上がりになっていました。もちろん、一曲にかける歌手の皆さんの思いがあってこそですが。

男性の歌手は2人でした。その1人が私の友人です。本人は全然ダメだったと言っていましたが、どうしてとても気持ちのこもったいい歌だと感じました。

『ろくでなし』『ラストダンスは私と』『枯葉』『泣かないでアルゼンティーナ』のようなポピュラーな曲もありましたが、むしろ初めて聴く曲に心引かれました。中でも『ぶどうの季節』と『貴婦人』には感動!

私は地元まで遠いので、残念ながら最後の数曲を聴けませんでした。それでも3時間ほどは聴いていましたけど、まったく退屈しませんでした。ほんと歌の力ってすごいですね。






nice!(0)  コメント(0) 

日々の散歩について [その他]

4月から38年勤めた仕事を辞めて主夫になりました。
もっと解放感があるかと思いましたが、まだ慣れないせいか毎日そわそわしています。

家事の他にもやらなければならないことがたくさんあります。職場から運んで来た大量の荷物の整理、病後ずっと放置してきた庭の草取り、エトセトラ、エトセトラ……。

退職したら小説や戯曲を書く時間も十分とれると思っていましたが、1ヶ月経って1行も書いていません。これならか忙しく働いていたころの方がまだ創作意欲がありました(笑)

さて、そんな中で唯一1日おきのペースで続いているのが散歩です。散歩のルートは住んでいる千葉市から四井道市にかけてです。途中には大きな公園もあります。実は自宅から徒歩で5分ほどのところにあるこの公園のことをずっと知りませんでした。散歩ルートを探している中で偶然行き会いました。テラスコートや大きな池もある公園なので、知らなかった方が不思議です。

なぜ散歩をするのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょうね。

実は何年か前から四国にお遍路に行くのが念願でした。長年仕事をする中で悲しい別れがいくつかあり、その人達のことがずっと忘れられませんでした。いつか彼らの霊を弔いたいと考えていました。それに退職を機に自分としっかりと向き合いたいと思ったのです。「入院なう」をお読みいただいた方はご存知だと思いますが、3年前の病気もお遍路をしたいと思ったきっかけかもしれません。

40日以上かけて通し遍路をするつもりです。そのための体力を養うための散歩です。今は1日置きですけど、なんとか毎日、そして距離を少しずつ長くしていく予定です。もちろん『般若心経』も覚えました。というか、歩きながらなんとか最後までそらで言えるようになりました。

あくまで私見ですけど、『般若心経』の内容を唱えるうちに、このお経は自分を死人の世界に導くための呪文なんだなあと思うようになりました。お遍路に出るというのは「1回死んでみる」ことなのでしょう。私は娑婆には未練のない者ですよ。死んだも同然のものですよ、と歩き続けることで、人として1回死んで再生できるのかもしれません。ちょっと怖い気もします。でも、このくらいの覚悟がないと新しい自分には出遭えないような気もします。





nice!(0)  コメント(0) 

頌春 [その他]

明けましておめでとうございます

昨年中はブログをお読みいただき、ありがとうございました。
また、拙作の公演を御覧いただき、ありがとうございました。

今年も皆さんに楽しんでいただける作品を、ものしたいものです。

御朱印の旅も続きますので、よろしくお付き合いください。

よろしくお願いいたします。


nice!(1)  コメント(0) 

出航直前の「飛鳥Ⅱ」に遭遇! [その他]

私の夢は愛妻と一緒に豪華客船で世界一周すること。

運命なんですねえ。パントマイム劇を観た後で、赤レンガ倉庫に行こうとしたら、なんと大桟橋に憧れの「飛鳥Ⅱ」が停泊しているではありませんか。しかも何やら慌ただしい感じ。ちょうど夕闇の中を出航するところでした!感激!








nice!(0)  コメント(0) 

パントマイム劇『クリスマスキャロル』の御案内 [その他]

やまさわたけみつ先生が主宰する劇団MMTの定期公演の御案内です。



MMT定期公演 パントマイム劇 『クリスマスキャロル』

期日:12月9日(土)
開演:14:00~・17:00~
(開場はそれぞれ30分前)
会場:横浜人形の家(あかいくつ劇場)
チケット:2000円(小人1000円)

パントマイム劇とは、言葉を一切使わずに身体の表現だけで(つまりパントマイムで)演じるお芝居のことです。

パントマイムには、演じる側の技術が必要です。確かな技術がないと、何も伝わりません。かのマルセル・マルソーは師であるエティエンヌ・ドゥクルー※の技術をさらに進化させてパントマイムのメソッドを完成させました。やまさわ先生はそのメソッドの継承者の一人です。

しかし、そのマルソーでさえも、無闇に新作を作るのではなく、限られた数の演目を繰り返し演じて磨きをかけていたそうです。それほどパントマイムの表現は奥が深く難しいのです。

それにパントマイムは観客側にも想像力が欠かせません。パントマイミストの些細な仕草からも繊細な心の動きが読み取れます。観客の想像力の性能次第で深い心の綾を読みとることができるのです。残念ながら想像力に乏しいお客さんは何も見えないまま「何をやってるか全く分からない。パントマイムなんてつまらない」と劇場を後にすることになります。

観察力も想像力も歳とともに衰えるものです。感受性を錆びさせないためにも、しっかりと心の目を開いてパントマイム劇を観たいと思います。皆さんもご一緒にいかがですか?
nice!(0)  コメント(0)