So-net無料ブログ作成

拙作『白雨五人男女?』公演御礼 [戯曲]

2/23(土)
第31回千葉県文化芸術フォーラム
にて座・劇列車
拙作『白雨五人男女?』(しらさめごにんおとこおんなはてな)
を上演しました。
20190223_155900.jpg

会場は千葉県文化会館小ホール。
座・劇列車は4団体の発表のトリをつとめさせていただきました。

当日は朝のうちは少し雨が降りましたが、開場する頃は晴れていい天気になりました。

まずは式典にて千葉県芸術文化団体協議会の功労者お2人の表彰がありました。

その後、
千葉県三曲協会による「和の調べ」
日本舞踊協会による「日本舞踊公演」
流山市文化協会洋舞部によるJAZZDANCE「Roxies」と演目が続きました。

三曲協会は昭和24年発足。ということは来年は70周年。すごいですねえ。
日本舞踊協会も昭和35年設立だそうです。今年58周年ですね。すばらしい。
流山市文化協会洋舞部も今年38年という長い歴史を重ねていらっしゃいます。

どの公演も歴史と伝統に支えられ、さらに現代の観客にも親しみやすいように工夫されていました。日頃あまり馴染みのない世界に触れて、とても新鮮な感動を覚えました。

JAZZDANCEの公演では、最後にリズムに乗せた簡単なフリを観客も一緒になってやりました。会場が一気にヒートアップして楽しい時間でした。

3団体の重厚な公演の後で、まだ30周年に満たない座・劇列車の順番がやって来ました。会場はその前のパフォーマンスによってほどよく温まっていましたが、作品がどう迎えられるか心配でした。

ですが、それは杞憂であることがすぐに分かりました。お客様は冒頭から役者のセリフ一つ一つに反応してくれました。今回の芝居は一般的な芝居とは異なり、役者同士のやりとりがほとんどなく、お客様にかけるセリフばかりです。したがってお客様が反応してくれることで、舞台上と客席との垣根がとれて一体化することができるはずです。それは逆にいうと、お客様次第というリスクの多い作品だということです。今回のお客様は実にいい反応をしてくれました。中には役者の問いかけに答えてくれる方までいました。たくさん笑っていただきました。役者もノリノリで演じてくれました。

後半はゲイの男のカミングアウトや女子高校生の悩みなど、少し深刻な内容だったので反応は薄れました。ですが、お客様は真剣に役者のセリフを聞いていてくれました。

盛り上げていただいたお客様一人一人に感謝いたします。

作品自体は私が書いたものです。しかし芝居の成功は私だけの手柄ではありません。まずは私が書いたセリフを信じて演じてくれる役者が必要です。それを支えるスタッフが必要です。そして今回はお客様に助けられました。前もってお客様の心を耕してくれた3つの団体の力も必要でした。代表による前説もお客様を乗せてくれました。

今、私は自身が書いたやせっぽちな戯曲が、皆さんの想像力によって大きく豊かな世界を作り出したことに感動しています。西田先生がおっしゃった「いつも傑作というわけにはいかないよ」という言葉を胸にこれからも駄作を書き続ける勇気をいただきました。ありがとうございました。
nice!(1)  コメント(0) 

第31回千葉県文化芸術フォーラムで拙作が上演されます。 [戯曲]

第31回千葉県文化芸術フォーラム
にて座・劇列車
拙作『白雨五人男女?』(しらさめごにんおとこおんなはてな)
を上演します。

会場は千葉県文化会館小ホール。
時間は15:30~16:00。
4団体の発表のトリになります。

残念ながら事前に千葉県文化芸術財団に申請をしないと入場できません。すでに満席と聞いています。
今回は私は作・演出に徹してキャストとしての出演はありません。

この『白雨五人男女?』は晩秋の冷たい雨の中、団地のバス停でバスの到着を待つ五人の人物を描いたものです。女性社長、売れない演歌歌手、ゲイのサラリーマン、女子高校生そして公安警察の刑事。彼らは順番にそれぞれの悩みを客席に向かって打ち明けて行きます。芝居の趣向は『白浪五人男』から借り、内容は『コーラスライン』を意識しました。もちろん展開はオリジナルです。私自身が通勤にバスを使っていたので、隣で黙ってバスを待つ人々が心の中で何を思っているんだろうと想像したのことが原点になっています。

すでに観客申請をした皆様。どうかお楽しみに。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『バスジャックプレイヤー』『ベランダー・ドリーム』 [戯曲]

拙作『バスジャックプレイヤー』の上演報告がありました。
アンケートの評判もまずまずだったそうです。リハーサルの写真も送ってくださいました。学生の皆さんが誠実に演じてくださっているのがよくわかりました。父親役、年配の女性役などはご苦労もあったと思います。逆にうちの劇団などは若い役者がいなくて苦労しています。なかなかうまくいきませんね。上演ありがとうございます。お疲れ様でした。

拙作『ベランダー・ドリーム』を今月もボランティア公演で使います。次もご老人が集まる場所での上演です。

来月も2回ボランティア公演があります。一応『バスジャックプレイヤー』も候補に上がっています。お客様に2回同じ演目を見せることは極力避けたいので、新しい演目を探したり作ったりするのがたいへんです。どんどん作品が湧いてくるといいのですが……。

ついでですが、今月の中旬に東京で『続・カリホルニアホテル~恋のからさわぎ』が上演されます。脚本は昨年本公演で座・劇列車が上演したものを原作に、演出の妹尾江身子さんが書いてくれました。かなり面白い内容になっていますよ。詳しくはこのブログの4月10日を御覧ください。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

八女やぶ北茶 120g
価格:540円(税込、送料別) (2018/5/13時点)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『続・カリホルニアホテル~恋のからさわぎ~』上演案内 [戯曲]

昨年12月に座・劇列車が上演しました『人情喜劇 カリホルニアホテル』を原作にした『続・カリホルニアホテル~恋のからさわぎ~』が上演されます。





劇団 夢桟敷 公演

作 品
『続・カリホルニアホテル~恋のからさわぎ』

高平 九 原作
妹尾江身子 脚本・演出

日 時
5/18(金)16:00 19:00
5/19(土)13:00 16:00
5/20(日)12:00 15:00
会 場
JOY JOY STATION

 東京都練馬区桜台1-2-8 桜台マンションB1

 西武池袋線 桜台駅から徒歩3分
 副都心線有楽町線 新桜台駅から徒歩3分



この作品は昨年座・劇列車が上演したものを原作にして妹尾江身子さんが脚本を書き直したもので、内容的には前作の続編となっています。前作を御覧になった方も御覧になっていない方も、また座・劇列車版を御覧になった方も楽しんでいただけると思います。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ざらめカステラ 1箱 350g 長崎かすてら 長崎土産
価格:1300円(税込、送料別) (2018/4/12時点)






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「バスジャックプレイヤー」上演予定 [戯曲]

ご無沙汰しています。
御朱印帳散歩も寒さを口実にサボっていました。
春ですねえ。そろそろ散歩にでかけますか。

さて、それはそうと拙作『バスジャックプレイヤー』を某大学校の演劇部が4月に上演してくれます。
この作品は題名の通り「バスジャック」のお話です。昔何かで読んだジャック・レモン主演のドラマ(あるいはお芝居?)の内容が印象に残っていて、いつか何かに応用してやろうと考えていました。もちろん、元の作品とはシチュエーションを変えてあります。20分ほどの短い作品ですので、これからもちょっとした演し物に使っていただけると嬉しいです。

実は来年正月に予定されている行事で使うつもりでしたが、先に公表してしまったために、先を越されてしまいました。まあ、いいか(笑)

某大学校の演劇部様、よろしくお願いします。

この脚本をお読みになりたい方は「はりこのトラの穴」https://haritora.netに掲載していますので、お手数ですが「高平九」で検索してください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『ベランダー・ドリーム』を上演しますが…… [戯曲]

地域のお年寄りが集まる「もえぎ」という会で、座・劇列車が拙作『ベランダー・ドリーム』を上演してくれることになりました。残念ながら会の方以外は入場できませんが、私の大好きな作品がやっと日の目をみることになりました。ありがたいことです。

40分ほどの短い作品ですけど、登場人物が4人と少ないのでセリフが多く、それなりのテンポも要求されます。そこで今回は朗読用に台本を書きかえました。役者の負担を減らすためではなく、準備期間が短いのでお芝居の質を落とさないための策です。

この作品は古典落語の『芝浜』を下敷きにしています。舞台はあるマンションのベランダ。隣り合った部屋の主婦が宝くじに当たることを夢見る。だから「ベランダー・ドリーム」。

夫の1人が優秀なプログラマーなのに、酒の上での失敗ばかり。ある日とうとう上司を殴って帰宅します。さすがに禁酒を誓うのですが、なぜかポケットに買った覚えのないドリームジャンボ宝くじが1枚。しかも、それが一等当選クジ。夫は、禁酒の誓いもどこへやら、隣の夫を誘って祝い酒を飲みに行き、またまた大きなしくじりをしてしまいます。そして、夫の行動を知った妻はある決心をします。

落語『芝浜』をご存知の方はこの後の展開も予想ができますよね。

御覧になりたい方は、ぜひ座・劇列車に声をかけてくださいね。

なお、この脚本は「はりこのトラの穴」 https://haritora.netからダウンロードしてお読みいただけます。「高平九」で検索してみてください。


nice!(0)  コメント(0) 

『穴~キツネとネズミの物語』公演 [戯曲]

座・劇列車が地元四街道で拙作『穴~キツネとネズミの物語』を上演します。演出は北原汎氏です。

日時:1月28日(日)2時頃~
   (上演時間は約30分)

会場:四街道公民館
(四街道駅から徒歩10分程度。愛国学園の向かい側です)



公民館祭の催しの一つとしての公演なので、ホールの催しの進行状況によってよって開始時刻が前後します。御容赦ください。
公民館祭は1月26日(金)からやっています。公民館を利用している文化団体の展示や発表がありますので、ぜひ足をお運びください。

さて、この作品はこれからの人類のあり方を問う寓話として書きました。

様々な脅威が今の世界にはありますが、もし万一人類の英知によってそれらの脅威が取り除かれたとして、平和になった世界に訪れるのは間違いなく食糧危機です。

世界中の国々が平和で豊かになり、どの国の国民も日本人のような食生活をするようになったら、瞬く間に私たちは食糧難に直面します。

この物語は様々な読み方が出来ますが、一つの読み方は来るべき食糧問題を考えることです。

こな作品を観てくださった皆さんが、少しでも本気で世界の食糧問題を考えるきっかけになればとても嬉しいです。

「そんなことなら世界平和なんて望まない」ですって?その結論だけは回避したいものです。

この脚本をお読みになりたい方は「はりこのトラの穴」https://haritora.netに掲載していますので、お手数ですが「高平九」で検索してください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『カリホルニアホテル』上演終了しました。 [戯曲]

四街道市文化センターで拙作『カリホルニアホテル』を上演いたしました。



観ていただいた皆様、ありがとうございました。

この作品は11月にMac11&夢桟敷さんに上演していただいた『カリホルニアホテル』の続編です。 Mac11&夢桟敷さんからも多くの皆さんが応援に来てくださいました。遠くからありがとうございました。

中学校時代のクラスメイトや30年ぶりの知り合いが観にきてくれました。こういうことも芝居をやっているからこそです。

2つの作品を通しで観た方がいらっしゃるかどうか分かりませんが、正編、続編を続けて上演できたことは作者として無上の喜びです。2つの劇団の皆さんに感謝しております。

今、『カリホルニアホテル』の原点ともいえる続編を書いています。先行する2つの作品に話題として出てくる戦争中の物語です。

物語はアメリカ軍のパイロットだったトムの曾祖父さんボブが、機体の故障のため鴨川にパラシュートで降りてくるところから始まります。

ボブも他のパイロット同様たくさんの仲間を戦争で亡くし、日本と日本人に深い恨みを持っていました。しかし、実際に上空から見た日本はとても美しく、黒い瞳と黒い髪の小さな日本人も、軍隊で教えられたような狂信者には見えませんでした。

ボブの降下を見ていたのは、網元の娘和香でした。和香はボブを網小屋に匿いますが、たちまち村人に知られてしまいます。そこに話を聞いた網元の政次郎がやってきます。

政次郎は和香の父親です。
学徒出陣で出征した次男(和香のすぐ上の兄)の戦死の報を聞いたばかりの政次郎は、ボブを自らの手で殺すつもりでした。銛を構えてボブに迫る政次郎の前に和香が立ちはだかって……。

というような話です。

書き上がったら、座・劇列車の本公演作品候補として提案しようと思います。今年の作品を皆さんが忘れないうちに上演できるといいのですが……。
nice!(0)  コメント(0)